慈鳳の効果

慈鳳の効果について成分を見ていくと分かりやすいでしょう。

慈鳳は成分の配合量のうち、アンセリンはサプリ成分全体の67%を占めています。
その他にも、菊花ポリフェノール、シークワーサーフラボノイドと3本柱の主成分でできています。

次にその成分の効果を挙げていきます。

アンセリンの効能

アンセリンは尿酸値の上昇を抑える、疲労や炎症を抑える、活性酸素の悪影響を抑える抗酸化作用も高いなど、非常に機能性の高い痛風の予防にも有効な成分です。

1.乳酸を代謝させて、尿酸の排泄を促進

過度の飲酒や運動によって溜まる乳酸は、尿酸を体外へ排出されるの邪魔してしまいます。
アンセリンは乳酸脱水素酵素(LDH)の量を増やし、体内にたまった乳酸を多く代謝させてくれるのです。
医者で処方される尿酸値の降下薬よりもゆるやかに作用していくようです。

2.強い抗酸化作用で活性酸素の増加を抑える

活性酸素は細胞を酸化し、いわゆる老化させることによって体の機能を低下させてしまいます。
アンセリンの抗酸化作用が活性酸素を減らし体の新陳代謝を上げて、酸化予防だけでなく、疲労も回復してくれます。

3.食事の際の血糖値の上昇を抑える

緩やかにすることによってタンパク質が糖と結びつくのを防ぎ、糖尿病の原因となる血糖化、終末糖化産物の生成を抑えます。

他にもアンセリンには、血圧を下げる作用、炎症を抑える作用もある優れた成分です。

 

菊花ポリフェノールの効能

中国や台湾で古来から漢方薬の材料として使われてきた菊の花は、日本でも食用とされていますが、実は多くのポリフェノールが含まれています。

菊の花から抽出した菊花ポリフェノールは、プリン体から尿酸値の上昇を抑制し、尿酸の排泄を促進する2つの効能があり尿酸バランスを整えてくれます。

1.体内で作られる尿酸の量を抑える

菊花ポリフェノールは肝臓にあるキサンチンオキシダーゼの働きの尿酸産生酵素の活性を阻害する働きがあるため、プリン体からの血中の尿酸値上昇を抑えてくれます。

2.体外へ排泄される尿酸の量を増やす

腎臓の尿酸トランスポーターの機能をサポートし、尿酸の輸送と排泄を促進する効果があります。

3.アンチエイジング効果

菊花ポリフェノールに含まれる活性酸素を除去する強力な抗酸化物質であるグルタチオンを増やし、抗酸化作用によるアンチエイジングや美白効果にも期待できます。

 

シークワーサーフラボノイドの効能

シークワーサーフラボノイドは シークワーサーから抽出される成分で、尿酸が作られるのを抑えフラボノイド・ノビレチンによってさまざまな効果を得ることができます。

体内で作られる尿酸を減らせる。

シークワーサーフラボイノイドにはキサンチンオキシダーゼと呼ばれる酵素を邪魔し、尿酸ができるのを阻害する作用があるのです。
つまり、プリン体から尿酸につくり変えられる過程で邪魔するので、尿酸値が下がってしまいます。

尿酸は高い酸化作用を持ち、尿酸値が高くなると活性酸素が大量につくられます。
シークワーサーフラボノイドには、抗酸化作用のあるビタミンCもたくさん含んでいますので、活性酸素を減らし老化を抑えるサポートもしてくれます。

また、ノビレチンも含んでおり、体の新陳代謝を活発にし、肥満解消やダイエットに効果がありそうです。

コメントを残す